歯科医師の仕事内容

歯科医師になるためには歯学部を、医師になるためには医学部を卒業する必要があります。 6年間の教育で、解剖学・生理学・病理学などの基礎項目や臨床科目の内科学・外科学・眼科学などは同じように学びますが、歯学部では、歯科保存学・歯科補綴学・歯周病学・口腔外科学・歯科矯正学などの専門の科目を学んでいきます。

歯学部と医学部の違い

歯科医師の仕事は、虫歯や歯周病など口腔内の疾患の治療が第一ですが、治療領域は口の中の舌やあごの病気も行います。
歯科医師になるためには、6年間歯学部で学んだ後歯科医師国家試験に合格しなければなりません。
医学部を卒業すると、内科・外科・小児科などさまざまな診療科目を選択できますが、歯科医師には診療科目の選択肢は歯科のみとなります。
歯科医師法で歯科医業を行うのは、歯科医師のみと定められ、口腔内の治療に特化しています。
大学病院などでは、専門分野は、一般歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科と細分化されています。
一般歯科は、虫歯や歯周病の治療として詰め物や入れ歯や差し歯の作製・装着したり歯石・歯垢の除去などを行います。
小児歯科は、0歳児から高校生までを対象とし、虫歯の治療や予防、歯ならびやかみ合わせのチェックを行い、歯みがきや歯への生え変わりや指しゃぶりなどの相談も行います。
矯正歯科は、歯ならびやかみ合わせの治療をブラケットなどの装置で行います。
歯科口腔外科は、切開が必要な抜歯や顎関節症、口腔内の外傷、舌の異変などを診察を行います。
最近では、歯列の矯正、ホワイトニングなどの審美歯科やインプラント治療などの専門の歯科医院もあります。
歯科医師の場合は勤務医よりも自分で経営する開業医の割合が大きく、軌道に乗れば高収入を期待できますが、都市部では現在飽和に近い状態にあり、経営に苦しむ医院もあるようです。

私立大学の学費

歯学部の学費は国公立と私立で大きく差があります。 しかし、優秀な受験生を集めるために学費を下げる私立医学部は増えてきています。 そのため、私立大医学部については、難易度が上昇と競争率がアップする可能性がありますので、最新のものを注視する必要があります。

国公立・私立の特徴

国公立の歯学部は、学費などの理由で人気が集まっています。 日本最古の歯科大学は私立大学で、伝統のある有名な大学が数多くあり、専門的な職業のため連帯意識も強く、同窓会での相互扶助の活動や研修会の開催などが活発に行われています。 卒業後も附属病院での先進の治療の研究が進められるため学ぶチャンスがあります。

TOPへ戻る